カタクリ園

静岡県島田市金谷

2008・3・29

JR金谷駅〜牧之原公園〜JR金谷駅

島田市金谷の牧之原公園には

自生のカタクリを保護しているカタクリ園がある。

昨日から1週間だけ 保護柵の中に入って

木道の上から カタクリの花を観れるとおのこと。

まだカタクリの花って観たことがないので

朝から 電車に乗って 行ってきました。

金谷の町の向うに大井川 そして 富士山

JR金谷駅

駅の横に案内標識

カタクリの名前は カタコユリの略されたもので

学名はエリソロニウム・ヤポニクムというそうだ。

日本の特産種で このような学名になったそうだ。

 

もののふの 八十をとめらが 汲みまがふ   

           寺井の上の かたかごの花

万葉集に一首だけある 

大伴家持が越中の国守の時に詠んだ和歌です。

 

金谷駅から 緩やかに登る車道を

15分ほど歩く(3つ目の横断歩道の所)と

右に「歩道石畳」の標識があり そこから入ります。

ここから入る

石畳の遊歩道

カタクリ群生地の標識

カタクリ

カタクリ

石畳の上を少し歩くと右側の斜面に

カタクリの群生地があり 群生地の周囲には

金網が設置されていて 保護区となっていました。

普段は 金網の中には入れないようになっているが

カタクリの咲くこの時期に1週間だけ 一般開放して

金網の中の木道の上を歩けるようになっている。

カタクリの群生

それほど広くない保護区域だけど

(木道の長さは5〜6mくらいしかない)

カタクリの花目当ての なんちゃってカメラマンが

おおぜい来ていて 木道の上に腹ばいになって

シャッターを懸命に押している。・・面白い光景だ。

そんなことを思いながら ボクも木道の上に腹ばいになって シャッターを押し続ける。・・・ポリポリr(^^;)

カタクリの花は みんな下を向いて咲いているので ローアングルから撮らないとキレイじゃあないから。

写真を撮るのも なかなかたいへんだぁ! 

デジカメの液晶画面を見ながら撮ろうとしても 液晶画面が光って どこを撮ってるのかわからないし。

初めて観るカタクリの花を堪能して JR金谷駅に戻る。

牧之原公園からJR金谷駅に下る途中 高台から霞がかって見える春の富士山がキレイだ。

もうすぐ新茶の季節

薄っすらと富士山

金谷から牧之原にかけては広大なお茶の生産地。

お茶畑の緑が映える季節になってきました。

もうすぐ新茶の季節です・・・・・・。

 

V(^0^)

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO