写真の上にポインタを持って行って下さい。

写真の説明が出ます。

北八ヶ岳XCスキー

ピラタス山頂駅⇔雨池

2003・1・12

長野県

ピラタス蓼科の100人乗りゴンドラで 山頂駅へ!

どんより曇った天候で ちょっと肌寒い・・

早速 スキーをつけて・・ん?

坪庭はスキー禁止・・・しかも一方通行

じゃあ・・縞枯山荘方面に行くには・・

坪庭をスキー担いで一周歩かなければならないの・・?

とりあえず・・歩き出した。

反対方向から 歩いてくる人数人とすれ違った。

あれ??

坪庭の高台に登った時 ふと山頂駅の方に目をやると

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

XCスキー・スノーシューの人や登山者が

山頂駅から 真っ直ぐ 縞枯山荘を目指して歩いてる・・・

正直者はバカをみた・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

 

無駄な坪庭一周ハイキングをして ようやくスキーをつけて

縞枯山荘目指して歩き始めた・・。

ようやくスキーをつけて 歩き出した

周りに人の姿は無く・・・静けさの中 のんびりと歩く。

 

すぐに 縞枯山荘が目に入ってきた。

山荘前にも 誰もいないぞ・・・なんとなく 寂しげな風景だ。

縞枯山荘に到着

山荘前はちょっと広い雪原になっていた・・。

まだ 誰も足を踏み入れてなかったので

先ずは ボクがスキーのトレイルを付けておこう!

ボクが最初に足跡を!

 

縞枯山荘をあとに 雨池峠を目指す・・・3組ほどのパーティとすれ違った

右縞枯山 左北横岳 直進雨池峠の分岐を直進 すぐに雨池峠にでた。

峠をスキーで下るのって ちょっと面白いよ・・

雨池峠を下りだした!

雨池峠をスキーで滑り降りて暫くすると 林の中への急坂になった。

ワイフが 滑って降りられず

スキーを外して 担いで降りるという。

下り坂が急になって この林の中へ・・

かなりの急坂・・帰りは ここ スキー担いで 登ってこなければならないのかあ・・

帰りのことを考えるのは・・とりあえず ヤメた・・

前方から大人数のパーティが スキーの板を担いで登ってきた。

先頭の人は縞枯山荘のジャケットを着ている。

ツアーの人たちだな・・たぶん

けっこう 登ってくるのがきつそうだよ・・。

 

雨池峠を下りきると林道に出た。

右に行くと 雨池・麦草峠方面だ。

早速 雨池目指して歩き出したが・・スノーモービルがけっこう通る。

園児のようなガキが一人で運転してるスノーモービルもいた。

林道に出たばかりの所 けっこう狭くって

スノーモービルとすれ違うのが ちょっと怖かった・・

静寂の世界を打ち破る 悪党共!

うるさいなあ・・・せっかくの静寂の世界を 打ち破って行く。

どアホどもめ・・・(ホントは ボクも乗りたいけど・・)

 

林道を下り始めると だんだん青空が広がってきた。

だんだん天気がよくなってきたぞ・・

気持ちいい! 暖かくなってきた・・・・!

青空が広がってきた!

これで スノーモービルとすれ違わなければ最高なんだけど・・

意に反して・・何回か すれ違った・・・。

林道の両サイドの林の中へと ウサギやシカの足跡が続いてる

さすがにこの辺は 野生動物の宝庫だな・・。

シカの足跡

スノーモービル以外の人には全く会わないぞ・・

この雪景色 ボクとワイフで 二人占め!

静かな・・雪景色

 

暫く下っていくと 雨池への分岐の指標があった。

ここを左に下って雨池を目指す!

下ってすぐ・・ワイフがコケタ!

分岐を下ってすぐのところは ちょっとした雪原になっていた。

太陽の光が雪に反射してキレイだよ!

太陽の光を浴びてキレイだったよ!

ちょっと 歩くと林の中へと入って行く。

林の中へ・・

野鳥のさえずりが 心地よい・・。

林の中も気持ちいい・・

 

いきなり・・目の前が開けた!

雨池だ!

雨池に到着!

池といっても この時期 完全に雪原に化しているけど・・。

雨池は完全に雪原になってる

さあ! 昼飯だ!

今日は・・コンビニで買ってきた チャーシューメン味噌味

ワイフは 味噌煮込みうどん

ボクのチャーシューメン  ワイフの味噌煮込みうどん

雪原の上は 時折風が吹くと寒いので 林の近くに腰をおろして

暖かな 昼食を・・

 

右の方に目をやると ちょっと離れた所に

 スノーシューのカップルが やっぱり昼飯タイムだ・・

ボクラが食べてる時 XCの3人組がやってきて 

ちょっと池の上を歩いてから やっぱり右の方で昼食タイム

雨池で 見かけたのは 結局 この2つのパーティだけだった。

もっと 賑やかかなと思ってたけど

静かで良かったよ!

 

もうちょっとのんびりしたいけど・・さあ! もどろうか・・。

けっこう下ってきたから 帰りは登り!

ワイフには きついかなあって思ってたけど・・

案外 順調に 雨池峠の入口に戻ってきた・・・

雨池峠への指標  このから スキーを担いで登って行く

ただ・・ここからが問題なのだ・・・

タバコを一服して・・意を決して

スキーを担ぎ 狭い登山道を登り始めた。

林の中の登山道は 凍ってはいないけど それなりに硬く

テレマークブーツでも滑ることなく 快調に登り切ってしまった。

なんだ・・たいしたこと無かったな!

が・・・しかし・・

ここからだった・・太陽の光を浴びた斜面の登り

一歩一歩 踏みしめた足が雪の中にヒザ上まで沈む。

ワイフはボクが沈んで固めた所を楽そうに登ってくるけど・・

ボクの方はたまらん・・まるでラッセルじゃん!

こりゃあ・・明日は筋肉痛になるかも・・・

ワイフは楽に登ってくるけど・・

もう・・ダメだ・・スキー履いて登ろう・・。

太陽を浴びて柔らかくなった雪の上をスキーで登るのは

意外と疲れる・・・かなり滑りやすかった・・。

スキーで登る雨池峠

 

ようやく 雨池峠の頂きに到着・・・ホッ

ここから 縞枯山荘までは緩やかな下りの雪原

ここからは・・楽勝〜!

ラクチンラクチン・・

午前中と違って 天気はいいし

すれ違う人も多くなってきた。

縞枯山荘が見えてきた・・

縞枯山荘に到着すると 山荘前は けっこう人で賑わってた。

暖かな陽気になってけっこう賑わってた

中に入ろうかとも思ったけど スキー外すの面倒だったので

そのまま通り過ぎることにした。

 

ここから 少しの間 坪庭まで 緩やかな登りになる。

坪庭は 太陽に照らされて雪化粧した姿が美しい・・・

午前中は 曇り空でちょっと暗かったので寒々しかったけれど・・

雪化粧した坪庭

坪庭になると もうあとは下りだけ・・

最後の下り

ついに山頂駅に戻ってきました・・・

山頂駅

北横岳もキレイに見えてる。

北横岳

 

駅で休憩して さあ! 4Kmのゲレンデを一気に滑って下ろう!

エッ??

ワイフが・・・・下りのゴンドラのチケット買ってきたって・・

*****

しょうがないなあ・・・ガラガラの ゴンドラに乗って降りてきた・・・。

 

P.S. 帰り道 原村で八ヶ岳が夕日を浴びて

とてもキレイだった!

感動モノだった!

道路が混んでて 車を停めて写真を撮れなかったのが・・心残り

南諏訪ICの北側で撮った八ヶ岳

 

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO